圧迫療法

弾性ストッキングによる圧迫療法

当院では、脚のむくみの軽減、下肢静脈瘤の進行予防や治療後の合併症予防のために弾性ストッキングの着用をお勧めしております。
院内では医療用弾性ストッキングを処方しますが、ドラッグストアで購入できる市販品もあります。
弾性ストッキングは、足首付近ににいちばん強い圧力がかかり、上方に行くにしたがって段階的に圧力が弱くなるような段階着圧構造(グラデーション効果)になっています。この圧力の変化によって静脈の下から上への血行を改善します。
脚まで運ばれた血液を重力に逆らって心臓へ還す働きを助けているのが、ふくらはぎの筋ポンプ作用です。ふくらはぎの筋肉は、第二の心臓とも言われています。弾性ストッキングはこの筋ポンプ作用を補助する効果があります。

弾性ストッキング・コンダクター

弾性ストッキングには長さやサイズ、つま先の有無、そして圧迫圧などいろいろなな種類があります。
自分の脚の状態に最も適したタイプを選び、正しく使用しないと十分な効果が得られないだけでなく、かえって症状を悪化させてしまうこともあります。
当院では専門知識をもつスタッフが2名在籍し、それぞれの患者さんに最も適した弾性ストッキングを選び、履き方指導などを行っております。