ストリッピング手術

選択的ストリッピング手術

従来、ストリッピング手術は下肢静脈瘤の“標準術式”でした。
傷んだ伏在静脈内にワイヤー(ストリッパー)を挿入し、静脈を抜き去り取り除く手術です。
伏在静脈をすべて抜き去ろうとすると(全長ストリッピング)、併走する神経を損傷する可能性が大きいといわれています。
最近では、超音波検査で逆流のある範囲をきちんと確認し、その範囲だけ(つまり“選択的”に)切除します。
深部静脈の開存が確認できていれば、傷んだ静脈を抜去しても問題はありません。

内翻式ストリッピング手術

当院の治療方針

ストリッピング手術は、逆流のある傷んだ静脈を取り除くという理にかなった治療なので、再発の可能性は低いといわれています。
治療の原則は、下肢の“うっ血”を取り除くことです。
下肢の“うっ血”を取り除くために、逆流している範囲の傷んだ静脈を切除します。
下腿部にあるボコボコした血管を取り除くのが目的ではありません。
手術の際に“ボコボコ血管”を切除しようとすると、たとえ小さな創でも何カ所もの創が残ります(スタブ・アバルジョン法)。
当院は、レーザー治療と同様にストリッピング手術においても「できるだけ切らない治療」を行う方針としています。
残った静脈瘤(“ボコボコ血管”)は徐々に退縮して目立たなくなります。それでも気になるような場合には、後日「硬化療法」を行うこともあります。

できるだけ傷跡が残らない工夫

日帰りストリッピング手術の麻酔

当院では、静脈麻酔とTLA麻酔(低濃度大量局所麻酔法)の併用麻酔で、できるだけ苦痛のない手術を行っております。気管内挿管による人工呼吸などは行いません。
TLAはTumescent Local Anesthesiaの略で、薄くした局所麻酔液を血管の周りにやや多く注射する局所麻酔方法です。止血効果のある血管収縮薬も少量含まれており、鎮痛効果もやや長く続くようになっております。
手術後はすぐに歩けます。
回復室でしばらくの間休んでいただきますが、もちろん手術当日に帰ることができます。
そして、無理は禁物ですが翌日から家事や仕事に戻ることができます。
TLAポンプについては「日帰りレーザー治療」を参照ください。

ストリッピング手術後の経過