4

本文へスキップ

辻クリニックは下肢静脈瘤日帰り治療(レーザー治療)専門の血管外科クリニックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.087-867-2662

〒761-0301 香川県高松市林町1501-1

辻クリニック香川県高松市の下肢静脈瘤レーザー治療のクリニック。医療法人社団仁和会 辻クリニック

ようこそ、医療法人社団仁和会 辻クリニックのホームページへ。

医療法人社団仁和会 辻クリニックは、「血管の健康」をキーワードに、主として生活習慣病、心疾患、動脈疾患、そして下肢静脈瘤日帰り治療を専門とするクリニックです。

高血圧症、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病から動脈を守り、脳卒中、心筋梗塞などを予防します。
また、慢性動脈閉塞症から下肢を守り、冷感、歩行時の下肢痛などの症状を改善します。

下肢静脈瘤の治療はすべて日帰り治療として行います。最新のレーザー機器(保険適用)を導入し、常に「体に優しい治療」を実践します。

弾性ストッキング・コンダクターによる下肢のむくみ解消への指導など、「脚(あし)」に悩みを持つ方々へのトータルケアを行います。


健康新聞「下肢静脈瘤の治療と予防」の監修を行いました
下肢静脈瘤の原因、症状、検査方法、そして治療方法などについて解説いたしました。当院で行っている最新のレーザー治療についても記載されております。


紙面(2面〜5面)の内容についてはこちらkenko.pdf へのリンク
(四国新聞社からの許可を得て転載しております)


四国新聞「香川の医療最前線」に掲載されました
当院で行っている下肢静脈瘤レーザー治療についての記事が掲載されました(平成27年8月21日)。
1470nmレーザー機器を用いた新しい治療法として、わかりやすい記事だと思います。

PDFファイルはこちら iryou.pdf へのリンク
(四国新聞社からの許可を得て転載しております)

新しいレーザー機器が保険適用になりました
下肢静脈瘤レーザー治療 2014年(平成26年)5月に、波長1470nmのレーザー機器を用いた下肢静脈瘤治療が保険適用になりました。
当院でもいち早く導入しております。
新しいラディアル2リングファイバーを用いることにより、従来機種よりも痛みや皮下出血が非常に少なくなっております。
下肢静脈瘤治療が、従来よりも身体に優しい治療(低侵襲)になったといえます。
そして2015年6月からは、臨床研究の結果を踏まえ「術後の圧迫療法を行わないレーザー治療」を開始しております。暑い時期にも苦痛の少ないレーザー治療を受けていただけます。

レーザー治療 ※別ウインドウで開きます

下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による認定
当院はレーザー治療の実施施設、院長は実施医、指導医としての認定を受けております。
レーザー治療実施施設 レーザー治療実施医 レーザー治療指導医

血管診療技師(CVT)について
血管診療技師(CVT) 当院臨床検査技師が、日本血管外科学会、日本脈管学会、日本静脈学会の3学会構成による血管診療技師認定機構から認定を受けました。
脈管診療に従事するに必要な専門知識・技術を持った専門家としての証明です。


         下肢静脈瘤日帰り治療件数
  レーザー治療  ストリッピング手術 硬化療法  合計治療件数
 2017年 24  0  5  29
 2016年 510 9 126 645
 2015年 442 24 155 621
 2014年 425  100 138 663
 2013年 255 207 101 563
 2012年 282 300 119 701
 2011年 246 223 78 547
 2010年 96 267 60 423
 2009年 73 268 44 385
 2008年 71 259 97 427
 2007年 15 50 6 71
 合計  2439 1707 929 5075
※2007年10月開院、2017年1月末までの手術件数です。
※前勤務病院では1,591件の手術経験があり、院長が行った総手術件数は5,737件です(硬化療法を除く)。




informationお知らせ

               
  • 開院以来の治療法別の手術件数を更新しました(平成29年2月11日)

    辻クリニック開院以来の手術件数を記載いたしました。
    平成19年10月から平成29年1月末までの下肢静脈瘤日帰り治療件数は5,075件(うちレーザー治療は2,439件)です。硬化療法は929件でした。
    平成23年から、レーザー治療は保険適用になっております。
  • 明けましておめでとうございます

    辻クリニックは開院10年目に入りました。
    本年も「血管の健康」をキーワードに、皆様の健康を支えていく所存であります。
    どうぞよろしくお願いいたします。
  • TLAポンプを導入しました(平成28年6月13日)

    TLA麻酔は下肢静脈瘤日帰り治療に必要不可欠な麻酔方法です。
    このTLAポンプを使用することにより、安全、確実に、そして効率よく麻酔液を注入することができます。
    穿刺回数も減り、患者さんにとってより優しい麻酔になりました。
    こちら
  • 当院での下肢静脈瘤レーザー治療(血管内焼灼術)件数が2,000件に達しました(平成28年2月29日)

    平成19年10月開院以来、当院で行ったレーザー治療件数が2,000件に到達しました。
    当初は自由診療(自費診療)でしたが、平成23年保険適用になっております。
    また、平成26年からは波長1470nmレーザーとラディアル2リングファイバーによるレーザー治療を行っております。痛みや皮下出血の非常に少ない治療になりました。
    下肢静脈瘤で悩んでおられる患者さんの、レーザー治療に対する認知度が上がってきていると思われます。
  • 健康新聞「下肢静脈瘤の治療と予防」の監修を行いました(平成28年1月7日)

    「健康新聞」(四国新聞社)の監修を行いました(平成27年12月6日)。
    イラストたっぷりで、下肢静脈瘤の症状、検査方法、治療方法などについて、わかりやすく解説しております。当院で行っている、最新のレーザー治療についても記載されております。
    ぜひご覧ください。
  • 四国新聞「香川の医療最前線」に掲載されました(平成27年8月21日)

    辻クリニックで行っている1470nmレーザー機器を用いた下肢静脈瘤治療についての記事が掲載されました。
    体に優しい治療として紹介されております。
  • 術後の圧迫療法を用いないレーザー治療を開始しました(平成27年6月1日)

    臨床研究の結果、波長1470nmレーザーとラディアル2リングファイバーによるレーザー治療後は、弾性包帯などの追加の治療を必要としないことがわかってきました。
    術後は、穿刺部(ファイバー挿入部)の圧迫のみです。
    歩行時や就寝時の圧迫感はなく、夏場の暑い時期でも苦痛の少ない治療法であるといえます。
  • ホームページをリニューアルしました(平成27年3月18日)

    今回、辻クリニック・ホームページをリニューアルしました。
    自作のホームページです。
    お見苦しい点もあるとは思いますが、ご容赦ください。
  • 最新のレーザー機器を導入しております(平成26年7月23日)

    最新の1470nmレーザー機器を導入しております。
    従来機種に比べ、術後の痛み、皮下出血が非常に小さくなっていることが実証されております。
    もちろん保険適用です。
  • 当院の臨床検査技師が血管診療技師(CVT)認定を受けました(平成26年7月1日)

    当院臨床検査技師の中村美香が、第9回血管診療技師認定試験に合格しました。
    公に認められ、脈管診療に従事するに必要な専門知識・技術を持った専門家として活躍しております。
    香川県下で認定技師が所属している医療機関は3カ所と公表されています。
  • 健康保険について

    受診の際は、必ず健康保険証をお持ちください。
    保険証がない場合、自費での診療になりますのでご注意ください。

医療法人社団仁和会
辻クリニック
医療法人社団仁和会 辻クリニック

〒761-0301
香川県高松市林町1501-1
TEL 087-867-2662
FAX 087-867-3232

スマートフォン版